月別アーカイブ: 2017年2月

院外活動:板橋区少年少女サッカー大会救護活動

板橋 河川敷 2こんにちは!                                                                                     わしざわ整形外科リハビリテーション科、アスレティックトレーナーの牧野です。毎年夏と冬に板橋区で開催される少年少女サッカー大会の救護班として、第二わしざわ整形外科で勤務されている、看護師の岸川さんと小林トレーナーと共に活動してまいりました。(会場:荒川戸田橋緑地サッカー場)(日程:1/15・1/22・1/29・2/4)                                                                                      我々の主な活動は大会本部に救護ブースを設置、常駐しており、ファーストエイド(通称FA)として、大会期間中に発生した怪我や内科的疾患に対して迅速且つ適切な処置を施すことです。過去、対応にあたったものとして打撲や鼻血など比較的軽度なものから、骨折や搬送を必要とする重篤なものなどもありました。今大会は幸いな事に大きな怪我もなく、無事に大会を終えることができました。情報が氾濫している時代、調べれば調べるほど、何が正しい事なのか、どういう対応がベストなのか、医療機関の受診はどうしたらいいのかなど判断に迷うことは多くあると思います。また、ドクターが各大会において常駐する事が難しい昨今のスポーツ環境の中、我々のようなFAとして初期対応にあたることのできるアスレティックトレーナー・看護師の存在意義は大きいと感じます。こうした活動ができるのも大会運営に関わる役員の方々、板橋区サッカー連盟の方々のご理解・ご協力あってこそのものです。今後も子供たちが、安全に大きな怪我なくサッカーができるようより良い体制を築き大会をサポートしていきたいと思います。

板橋救護

板橋 河川敷

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研修会報告:MSIアプローチ

こんにちは!!                                                                        わしざわ整形外科スポーツ整形外科リハビリテーション科、理学療法士の柳瀬です。

平成28年11月27日に当院にて、わしざわ整形外科および第二わしざわ整形外科のスタッフが集まり、『MSIコンセプトを用いた腰椎運動機能障害の評価と治療』というテーマの講習会に参加致しました。

FullSizeRender    FullSizeRender①

今回、講師として昨年同様、千葉メディカルセンターリハビリテーション部理学療法士の高間省吾先生ならびに加藤邦大先生にお越し頂き、開催していただきました。

今回の講習会では、腰部の姿勢や運動の仕方・パターンを観察し、そこから生じる痛みや症状がなぜ起こり、運動機能障害につながるのかを学び、またそれらを正しくするエクササイズや姿勢指導について学ぶことができました。また講習会の中で、当院理学療法士の金子が被験者となり、実際に評価から治療までの一連の流れを学び、日々の臨床に照らし合わせながらイメージすることができました。今回学んだ知識・技術を患者様に還元できるよう努力してまいりたいと思います。