院外活動:東京都高校野球春季大会準決勝メディカルサポート報告

こんにちは。                                                                          わしざわ整形外科スポーツ整形外科リハビリテーション科技師長、理学療法士の遠藤です。

H29年4月28日(土)に、神宮第二球場で行われた東京都高校野球春季大会準決勝2試合にメデイカルサポートチームの一員として参加してきました!!

準決勝第1試合  :  日大三    VS  早稲田実業

今回自分は、準決勝第1試合は、日大三側のサポートに入りました。                                          グランドレベルは暑い状態でしたが、足をつる選手など出ず、終盤に日大三校のピッチャーが緊急降板になるアクシデントがありましたが、大きな怪我なくサポートを終えることが出来ました。                                        結果は、両校ホームランが3本出る打ち合いになりましたが、7ー5で日大三が早稲田実業を退け、決勝に進出しました!!

準決勝第2試合  :  国士舘    VS  創価

第2試合では、自分は国士舘側のサポートに入りました。 第1試合の余韻が残ったまま始まった第2試合、国士舘の左腕3本柱の2人が活躍し、投走打とうまく絡み合い、4ー0で国士舘が創価を退け、15年ぶり関東大会出場も決まり、翌日の決勝に駒を進めました!!

2試合とも、大きな怪我なく終えることが出来ました。決勝は、翌日の29日に行われ、連戦になりましたが、日大三が国士舘に6-0で勝利し、春季大会としては3年ぶり、また昨年の秋季大会に続き連続で優勝を飾りました。次回は、7月から始まる夏の大会です。今回は甲子園100回記念大会なので、各地域の予選も今まで以上に盛り上がり、熱戦が続くと思います。自分たちメディカルサポートチームも最善のサポートが夏の大会も出来るように準備したいと思います。